AE減水剤

読み:えーいーげんすいざい


JIS A 6204:2006 「コンクリート用化学混和剤」の中に規定されている混和材料の一種。

 「空気連行性能を持ち、コンシステンシーに影響することなく単位水量を減少させる化学混和剤」と定義されている。
凝結時間の特性が異なる、標準形遅延形促進形の3種類がある。
その他の性能を含め下表にAE減水剤の性能"JIS A 6204:2006"を示す。

ae_gensui_seinou.png

最近では、高性能AE減水剤の性能に限りなく近い種類の高機能なAE減水剤が上市されている。AE減水剤・多機能型AE減水剤・高機能タイプ、及びAE減水剤・高機能収縮低減タイプ等が挙げられる。

詳細情報



AE減水剤の効果

セメントが水と接すると、セメント粒子は互いに凝集し、セメントペーストの中に集塊状態となって存在する。これに減水剤成分(ポリオール複合体、リグニンスルフォン酸塩とその誘導体、及びオキシカルボン酸塩等を主成分とする)を添加すると、図に示す様に、集塊状態のセメント粒子の界面に吸着し、配向した分子の静電気的な反発作用によってセメント粒子を分散させ、セメントペーストの流動性を大きくさせる。

1 ワーカビリティーの改善

分散作用と空気連行作用との効果で、コンクリートのワーカビリティーが向上、材料の分離低減効果をもたらす。

2 単位水量の減少

所要のコンシステンシー(スランプ値)を得るための単位水量は、無混入コンクリートと比較氏12%から16%程度減少させることが可能となる。

3 AE減水剤・遅延形

凝結遅延性の成分(多くの減水剤は遅延性質を持つ)を調整することにより、コンクリートの凝結をコントロールすることが可能で、夏期の打設対策に用いることができる。

4 AE減水剤・促進形

凝結促進成分を混入することで、初期強度発現の促進に効果を発することができ、低温時の初期強度発現や型枠存置期間の短縮を目的として用いることができる。

5 強度発現の改善

分散作用による単位水量の減少とセメント水和効率の増大(水とセメント粒子の接触機会の増加)により、無混入コンクリートと比較して単位セメント量を6~10%程度減少させても同一強度の発現が得られる。

6 耐久性の向上

コンクリート中に微細な空気泡を連行するため、凍結融解の繰り返し作用に対する抵抗性を著しく改善する。また、初期凍害に対する抵抗性も増大する。
分散作用は、ワーカビリティーの改善による材料分離の低減と水和効率の増大により、水密性の改善を図り、化学物質の浸食作用、中性化等の耐久性向上への改善が可能となる。

特記

7 AE減水剤・多機能型

従来のAE減水剤の成分を改質し、性能の向上を図ったタイプ。
セメント1%当たりの減水率(分散効果)が増大し、さらに添加率を増すことによる遅延効果の改善や、減水率の増大をも改善された。

8 AE減水剤・高機能タイプ

AE減水剤・多機能型からさらに進化、高性能化したAE減水剤。
その性能は、高減水性能(高性能AE減水剤よりやや劣る程度)、スランプ保持性能を有する。高強度(低水セメント比)の領域での使用は厳しいが、汎用的な強度の範囲ではその性能は十分発揮する。

9 AE減水剤・高機能・収縮低減タイプ

AE減水剤・高機能タイプに乾燥収縮抑制する性能を付加したタイプ